【新型コロナウイルス】川崎市(神奈川)感染者数拡大はどこまで?最新情報まとめ

新型コロナウイルス【COVID-19】の川崎市の感染者数情報と川崎市近隣市町村の感染者状況です。

新型コロナウイルスに関する、川崎市発表の情報と神奈川県発表の情報も掲載しています。

【新型コロナウイルス】川崎市の感染者数 (3/10時点)

*神奈川県川崎保健福祉事務所管内

男性女性
小学生以下0人0人
10代0人0人
20代0人0人
30代0人0人
40代0人0人
50代0人0人
60代0人0人
70代0人0人
80代0人0人
詳細不明0人

【新型コロナウイルス】神奈川県全体の感染者数

*神奈川県が発表したもののみ記載

男性女性
小学生以下0人0人
10代0人0人
20代3人5人
30代4人0人
40代1人2人
50代5人3人
60代4人0人
70代2人2人
80代4人1人
詳細不明5人

【新型コロナウイルス】近隣市町村の発生状況

近隣市町村の発生状況

新型コロナウイルスに関する川崎市発表の情報

・新型コロナウイルス感染症に関する情報について

川崎市公式ウェブサイトへ

 

・新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止・延期となるイベントについて

川崎市公式ウェブサイトへ

新型コロナウイルスに関する神奈川県発表の情報

・新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

神奈川県公式ウェブサイトへ

新型コロナウイルスに関する厚生労働省発表情報

・新型コロナウイルス感染症について

厚生労働省公式ウェブサイトへ

 

Sponsored Link

新型コロナウイルス致死率は?SARS/MERSとの違い

WHO=世界保健機関が2020年2月11日に新型コロナウイルスを「COVID-19」と命名しました。中国を中心として世界的に流行の兆しをみせるウイルスですが、あえて国名を伏せることで中国人への配慮をみせた形となっています。

名前の由来としては、「コロナウイルス」と「病気」の英語表記と、発症が確認された年の2019年の文字から来ているそうです。「COVID-19」の読み方は、「コービッド・ナインティーン」となっています。

「COVID-19」と似た呼吸器症状を主とする感染症に「SARS」や「MERS」という名前のウイルスを思い浮かべる方も多いと思います。

「COVID-19」では2020年2月12日現在で感染者数4万4653人、死者数1113人(致死率2.49%)となっています。

中国南部の広東省を起源として2003年に流行した「SARS」は、感染者数8,096人、死者数774人(致死率0.1%)であり、すでに終息宣言されています。

サウジアラビアなど中東を中心として2012年に流行した「MERS」は、感染者数2,220人、死者数790人(致死率35.6%)となっており、現時点では「COVID-19」「SARS」に比べ最も致死率の高い感染症といえます。

マスク・消毒液

マスク 1箱/50枚入x5セット Disposable Mask 3層型 花粉 ウィルス 粉塵 微粒子 微生物 99%カット PM2.5 男女共用 クリーン使い捨てマスク 250枚(50枚5パック) 箱 送料無料 海外への配送不可
ウイルス対策 スプレー ドクターウィコロ DR.UICORO 2本セット 日本製 アルコール消毒 ノンアルコール 感染予防 携帯用 除菌 スプレー マスク 手 消毒 プラチナナノ
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です