新型コロナで休園の東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケット・パスポートの払い戻し方法は?休園期間も確認!

新型コロナウイルス感染拡大防止対策を受け、東京ディズニーランドとディズニーシーが休園を決定しました。

休園の期間は2月29日〜3月15日までとなっていますが、新型コロナウイルスの感染拡大次第では、以降の休園の可能性も考えられます。

ここでは、休園期間中のパスポートなどの予約関連の払い戻し方法などを確認します。

Sponsored Link

東京ディズニーランド・ディズニーシー休園情報

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド(株)からの公式発表された休園に関するお知らせです。

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーは、「新型コロナウイルス感染症対策本部」からの「多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請する」という発表を受け、2020年2月29日(土)から3月15日(日)の間、臨時休園することを決定しましたのでお知らせいたします。

再開日につきましては、3月16日(月)を予定しておりますが、関係行政機関等と密に連絡をとり、あらためてお知らせする予定です。

引用元:東京ディズニーリゾート公式ページ

救援期間は2月29日〜3月15日までの2週間。

この間にTDRやTDSでのレジャーを予定していた方は、残念ですが予定をキャンセルせざる終えません。

また、3月16日以降についても行政機関との調整が優先事項となっているようなで、オリエンタルランド単独の判断は難しいのではないかと推測されます。

全国の小中高学校が春休みまでの休校が決定していることを踏まえると、休園期間はもう少し伸びるのではないかと予想されています。

チケットの払い戻し方法

パスポートの払い戻し・キャンセル

休園期間に該当する購入済みのチケット・パスポートの払い戻し方法です。

休園が発表された2月28日正午の段階では、払い戻し方法についての発表はありません。

公式の発表があり次第、情報を掲載ます。

ショーレストラン他の予約キャンセル

期間中に予約されている、ショーレストラン、ビビディ・バビディ・ブティック、ガイドツアーについては自動的に予約はキャンセルされます。

予約時に支払った利用代金、申し込み金については、支払いをしたクレジットカードに返金されます。

バケーションパッケージをご予約の方

すでに東京ディズニーリゾートにご来園している方、またはバケーションパッケージご利用中の方は、以下にアクセスをして払い戻しをしてください。

パソコンの方
こちら

スマートフォンの方
こちら

2月29日(土)~3月15日(日)に予約をされた方は、自動的にキャンセルとなります。

詳しくはこちらでご確認ください。

パソコンの方
こちら

スマートフォンの方は
こちら

東京ディズニーランド・ディズニーシーの休園について(ファンの声)

TDR/TDS休園について、ディズニーファンからのご意見を伺いました。

タイトル
実は2月23日ディズニーランドに行きました。不要不急な外出や人混みのあるところには行くなとの風潮の中、今思えば軽率な行動だったと反省しています。

 

実際行ってみるとこんな時でもディズニーにはこんなに人が集まるのだなと驚きました。驚いた事の1つは、キャストさんのマスク着用率です。おそらく会社からはマスクは支給されていないようで、着用率は50%程度です。特にかなりの人数と接するエントランスの係の人が着用していないのはかなり問題です。ゲストの方がマスク率は高いです。おそらくキャストの感染者が出るのは時間の問題です。

 

あと、あれだけいた中国人はびっくりするほどいませんでした。今回自分で現場を目にして、よりディズニーリゾートには休園という措置を迅速にとって頂きたいと思っていました。ニュースでディズニー観光客から感染者が…という報道が流れる前に対応してくれてよかっと思ってます。

まとめ

東京ディズニーランド・ディズニーシーの新型コロナウイルス感染拡大防止にための臨時休園に関する情報でした。

当サイトでも最新の情報を提供して参りますが、目まぐるしいタイミングで情報は更新されます。

最新の情報と照らし合わせて、ご確認をお願いします。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です